SHURE シュア Bluetooth イヤホンアダブター RMCE-BT2

アメリカのプロ用音響機器メーカー Shure は、特にプロ仕様のマイクロフォンとしても有名だが、実は素晴らしいイヤホン・ヘッドフォンを数多く発売してきたメーカーとしても知られる。

イヤホンについては、発売からずいぶん経過したが、いまだに根強い人気のSE846という高級イヤホンの先けとなった名機を送り出したことで知られる。

そのShureが満を持して発表したのが、今回紹介する RMCE-BT2 だ。

イヤホンとの接続コネクターは、MMCXというケーブル交換できるイヤホンではメジャーな規格だ。注意しなければならないのは、このMMCXは規格に曖昧なところがあり、MMCX対応を謳っているイヤホンでも、音切れがしたり、うまくささらないことがあるので注意が必要だ。とはいっても、3~4年前にくらべると相性問題はかなり減った様に思う。そういう背景もあってこのケーブルもMMCX 対応と明記しているのではなく、Shure製のイヤホンに対応としているところが悩ましいところだ。

音楽を伝送する規格コーデックの対応は幅広い。SBC、AAC、Qualcomm aptX、aptX HD、aptx Low Latencyとハイレゾ伝送対応を含むSONY系コーデックを除くポピュラーなコーデックには対応しているので、様々な環境に対応できそうだ。

リモコン部には、マイクも内蔵しておりスマホのコントロールやハンズフリーなどの用途にも対応している。

仕様では、連続再生最大10時間とあるが、実際に使った感じでは、7~8時間がバッテリー満充電からの連続再生時間だった。ワイヤレスイヤホンとしては、ロング・バッテリーの部類に入ると言える。

肝心の音質だが、これは素晴らしいの一言。癖がなくフラットで高音もキリッとして、手持ちのイヤホンの良さを引き出してくれる。通常のBluetooth イヤホンは、Bluetoothチップに搭載されているアンプを使用するのが普通だ。しかし、このSHure のRMCE-BT2 は、チップセットのアンプは使用せず、独自のアンプを別途搭載しているとのこと。このことが音質にかなり寄与していることは、まちがえなさそうだ。

価格は、アマゾンで18,000円代。ケーブルのみにしては高価な部類に入るが、満足度は大きい。中古市場でも値崩れはなく、店頭にならぶとすぐ売り切れるというのもうなずける。

もし、MMCX仕様のイヤホンを所有しているのなら、一度は試してみる価値はありそうだ。専用DAP、有線ケーブルでイヤホンの性能を引き出すのも良いが、コードから開放され、気軽に気に入ったイヤホンを使える快適さは、音楽を身近に感じさせてくれるはずだ。

イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド CAMEL のセカンド・アルバム「ミラージュ」

初期のCamel で一般的に名盤とされているのは、このアルバムの次に出たサード・アルバム「スノーグース」とその次に出た「ムーン・マッドネス」だ。「レディー・ファンタジー」という後々ずっとライブで演奏され続けられる名曲が収録されている。ファースト・アルバムは、英国情緒にあふれた素晴らしい内容だったが、商業的には成功しなかった。このセカンド・アルバムは、所属レコード会社もDECCA傘下のDERAM代わり、メロディもキャッチーで、ドラマチックな曲展開になって、本格的にアメリカでも売っていこうという熱気にあふれている。このアルバムのプロモーションで、短期的なアメリカツアーも行われ、ファースト・アルバムと比較すると、商業的にも一定の成功を収めた。

つい先日、その時にラジオでオンエアーされた音源がCDでリリースされた。「Camel – Live in London & New York ’74」である。そのライブでは、このセカンド・アルバムから、「ニムロデル」「プロセッション」「ホワイト・ライダー」「レディー・ファンタジー」が収録されている。まだ未聴だが、ぜひ聴いてみたいと思っている。

さてこのアルバムから、アルバム全体が組曲的になり、曲調も次作の「スノーグース」を予見させるようなドラマチックな展開が特徴だ。特にアルバムラストを飾る「レディ・ファンタジー」は、現在までに至る長いCamel の歴史の中でも、屈指の名曲だ。このセカンド・アルバムの成功は、「レディー・ファンタジー」のような名曲を生み出した曲作り、アレンジ力がファースト・アルバムから飛躍的に向上したこともあるが、ドラムのアンディ・ワードのドラミングの技術向上も大きいと思う。手数が多く、変拍子をグルーヴするのちのワードの片鱗が見え隠れする。

Camel は、このアルバムをきっかけとして、次作「スノーグース」「ムーン・マッドネス」と名盤を連発する。

サムソン Galaxy Note 9

仕事柄、送られてきたPDFを確認し、加筆して返信する。この作業が圧倒的に多い。いままでは、送られてきたPDFをMacbook PROのプレビューアプリで確認、プレビューアプリ上のテキストツールを使って、加筆し保存、メールで送信。さらにメールの送信を知らせるために、LINEで知らせる。以上の様な作業を毎回毎回繰り返す。けっこう面倒くさい作業です。プレビューアプリのテキストツールもとても使いにくい。

私はiPad Pro 12.9インチを所有してる。主な使用用途は、Macbook のサブディスプレイとしてだ。前述の作業をiPad ProでApple Pencil を使ってやればよいではないかということも考えた。これは便利そうだ。しかし私の仕事の作業の主体はイラレ作業。これでは、ただでさえ重いと感じているMacbook Proに加えて、iPad Pro 12.9インチ も持ち歩かないといけない。これは体力的に絶対無理だ。

それならということで、若干荷物が重くなるのもしかたないと自分を納得させ、最近発売されたばかりのApple Pencil 対応のiPad Miniを別途購入を検討していたある日、大手家電量販店でGalaxy Note9が目に入った。

ちょうど所有している、iPhone Xの更新時期であることもあり、店頭でGalaxy Note9を触ってみた。

思いの外 Galaxy Noteのタッチペン Sペンの使用感が良い。ペンを本体から取り出すと自動的にアプリが立ち上がり、ペン入力が可能な状態になる。画面サイズがiPad Miniよりも大分小さくなるが、スワイプで拡大縮小すれば問題ない。何より気に入ったのは、「キャプチャー手書き」という機能だ。これは、ペンを本体から取り出すと表示されている画面がキャプチャーでき、その状態で手書き入力ができるというものだ。

つまり、メールで送られてきたPDFを開いて表示、そのままペンで加筆でき、画像としてメールに添付して送信できる。これは、私の求めている用途にピッタリはまる。

そんなわけで、iPad Mini購入計画は中止となり、iPhone X の機種変更として Galaxy Note9 を選択た。

これで私の仕事ツールは、Macbook Pro + Galaxy Note9 ですべてまかなえることになり、荷物も増えることなく、作業効率が劇的に向上した。

Galaxy Note は、ノーマークだったが本当に良い選択ができてよかったと思っている。

●RAVPower USB-C急速充電器 RP-PC104 (45W/PD対応/超軽量) eGaN技術 (窒化ガリウム) 採用

私は仕事で、常にMacbook Pro 13インチを持ち歩いています。最小限の荷物しか持ち歩いていませんが、移動はほぼ徒歩の為、できるだけ荷物を減らしたい。カバンの中身は、Macbook Pro 、Macbook用ACアダプター、スマホ Galaxy Note 、モバイルルーター、USB-Cケーブル、ルーター用MicroUSBケーブル。荷物のなかで、パソコン本体を除くと、ダントツでACアダプターが大きい。MACのノートパソコンのACアダプターは、昔から本当に大きい。なんとかならないかと、AMAZONで何回か中華製小型のACアダプターを購入してみたがそれほど大きさは変わらないのに、充電できなくなったり、やたら熱をもったりで、結局純正のアダプターにもどってしまう。

スムージーダイエット 痩せたんです!

先日なにげなくAMAZONを覗いてみていて、本商品を見つけた。なんでもeGaN技術 (窒化ガリウム) というシリコンに変わる新しい素材を使うことによって、ACアダプターの高効率化、小型化できる上、発熱も押さえられるというものらしい。なぜ、そうなるのかということは、正直よくわからないが、それが本当であれば大歓迎だ。というわけで、さっそく窒化ガリウム対応のACアダプターを何種類かAMAZON内で見つけ、最も小型軽量の本商品を購入した。

彼氏に嫌われたかも?

現物をみると、なるほどたしかに小さくて軽い。クレジットカードサイズだ。厚みは、15mmほどで、コンセント部分はおりたたみ式になっていて、小さな胸ポケットでも楽に収まる。

質感は、プラスティックで、表面仕上げも若干チープな感じがする。問題は軽さなので、ここは問題なし。

私が持ち歩いているスマホ Galaxy Note9もUSB-Cコネクターだ。うまくいけば、これ一台でMacbook もスマホも充電できる。1gでも持ち物を軽量化したいので、これはうれしい。

実際に使用してみるとMACへの充電も、純正ほどではないが、満充電までにかかる時間も気にならない。

心配していた熱も、長時間使用していると若干熱くなるが、想定外の範囲だ。以前所有していたACアダプターが触れなくなるほど熱くなっていたことを考えると、全く問題なし。

久々に良い買い物をした実感があり、とても満足だ。コンパクトなACアダプターを探している方は、若干値が張るが検討する価値がある商品だと思う。

70年代ロック・バンドの貴重なコンサート音源の復刻シリーズ Alive The Live

英米のロックが一番おもしろかった時代 70~80年代(私見ですが・・)の未発表コンサート音源がシリーズで発売されています。「Alive The Live」というシリーズです。

このシリーズは、「キングビスケットフラワーアワーズ」というコンサートをライブレコーディングして放送していたアメリカのラジオ番組の音源が中心に構成されています。ロックバンドのコンサート音源といえば英国国営放送BBCも同様に「イン・コンサート」という番組でコンサートの音源を放送していました。こちらは、NHKのラジオ番組でも度々放送されていますので、耳にされた方も多いかもしれません。

「キングビスケットフラワーアワーズ」は、国内のラジオなどでほとんど放送されていないので、とても新鮮で貴重です。ずいぶん前にあまり音質のよくない海賊版として出回った音源も含まれていますが、今回は放送局所有のオリジナルテープからのCD化ということで、期待できそうです。

今の所100枚ほどがラインナップされており、AC/DC ,エアロスミス、オールマン・ブラザーズ・バンド、ブラック・サバス、ボブ・ディラン、ボストン、ボス・スキャッグス、シカゴ、クリーム、エリック・クラプトン、クィーン、フォリナー、デヴィッド・ボウイなどの王道のメジャーどころのラインナップも豊富ですが、コアなファンも多いプログレッシヴ・ロックのアーチスト、イエス、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、ジェネシス、キャメルなどの音源も充実しています。

どれも興味深く面白そうで、目移りしそうです。私は迷った末、最初の1枚として、「ジェネシス・ライブ・イン・ロサンゼルス 1975」を購入しました。

ジェネシスの最高傑作「眩惑のブロードウェイ」ツアー時のライブで音質も比較的良いです。実はこの音源は、以前に出たジェネシス公式の4CDボックス・セットにも収録されていたのですが、マスターテープの破損の為、1部新録音されて差し替えてのリリースでしたが、今回、破損なしのアンコールを含む全曲が復刻され、とても聴きごたえのある素晴らしい内容です。

ブロードウェイツアーは、まともな映像が残っておらず本当に残念ですが、せめてこのアルバムを聴いて、ライブ当日に思いを馳せたいと思います。