70年代ロック・バンドの貴重なコンサート音源の復刻シリーズ Alive The Live

英米のロックが一番おもしろかった時代 70~80年代(私見ですが・・)の未発表コンサート音源がシリーズで発売されています。「Alive The Live」というシリーズです。

このシリーズは、「キングビスケットフラワーアワーズ」というコンサートをライブレコーディングして放送していたアメリカのラジオ番組の音源が中心に構成されています。ロックバンドのコンサート音源といえば英国国営放送BBCも同様に「イン・コンサート」という番組でコンサートの音源を放送していました。こちらは、NHKのラジオ番組でも度々放送されていますので、耳にされた方も多いかもしれません。

「キングビスケットフラワーアワーズ」は、国内のラジオなどでほとんど放送されていないので、とても新鮮で貴重です。ずいぶん前にあまり音質のよくない海賊版として出回った音源も含まれていますが、今回は放送局所有のオリジナルテープからのCD化ということで、期待できそうです。

今の所100枚ほどがラインナップされており、AC/DC ,エアロスミス、オールマン・ブラザーズ・バンド、ブラック・サバス、ボブ・ディラン、ボストン、ボス・スキャッグス、シカゴ、クリーム、エリック・クラプトン、クィーン、フォリナー、デヴィッド・ボウイなどの王道のメジャーどころのラインナップも豊富ですが、コアなファンも多いプログレッシヴ・ロックのアーチスト、イエス、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、ジェネシス、キャメルなどの音源も充実しています。

どれも興味深く面白そうで、目移りしそうです。私は迷った末、最初の1枚として、「ジェネシス・ライブ・イン・ロサンゼルス 1975」を購入しました。

ジェネシスの最高傑作「眩惑のブロードウェイ」ツアー時のライブで音質も比較的良いです。実はこの音源は、以前に出たジェネシス公式の4CDボックス・セットにも収録されていたのですが、マスターテープの破損の為、1部新録音されて差し替えてのリリースでしたが、今回、破損なしのアンコールを含む全曲が復刻され、とても聴きごたえのある素晴らしい内容です。

ブロードウェイツアーは、まともな映像が残っておらず本当に残念ですが、せめてこのアルバムを聴いて、ライブ当日に思いを馳せたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です